青空レストランうまいおせち2020の先行予約日時が発表!中身は?

クッキング・レシピ

今年こそ!おせち料理を通販で購入して、年末はのんびりするぞ!と心に決めている、はるこまです。

おせちをお取り寄せする人が年々増えていますね。でも、通販でお取り寄せする場合、おいしいかどうか、金額に合う内容か、口コミや売れ筋情報をチェックしてから選びたいですよね。

先週の「満点☆青空レストラン」の放送では、2020年のおせち情報がありましたね。番組内で紹介された食材だけ入った、こだわりのおせち・・・とっても気になります。

この記事では、青空レストランのうまいおせち2020の情報をお伝えします。

昨年の番組10周年からスタートしたおせちプロジェクトが好評だったので、今年もやるんですね!

昨年と違って、今年の先行予約は随分早くなっています。数量限定なのですが、申込数によっては追加販売されるかな?と期待したいところですね。

スポンサーリンク

青空レストランのおせち2020の予約は8月!

出典:番組HP

青空レストランのうまいおせち2020の先行予約は、

8月10日土曜日の午後6:30から
販売価格 55,900円(税込・送料無料)
申し込みは番組公式HPから

予約は8月16日金曜日までですが、数量に限りがあり、その前に締め切られる可能性もあります。販売価格は2019年のおせちと全く同じですね。

公式HPからの予約・・・だと思われますが、昨年はアクセスが集中して見れなかった、という方も多かったので、今回はどうなんでしょうか?

8月10日の放送内で、申し込み方法や内容が紹介されます。番組を見逃さないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

青空レストランのおせち2020の中身は?

北里八雲牛のローストビーフ 玉ねぎと塩麹ポン酢

引用:番組HP

2019年8月10日に放送された、北里八雲牛のローストビーフ、北里八雲牛(グラスフェッドビーフ)は輸入穀物飼料を一切使わず、牧草と100%自給粗飼料で育ちます。

東京ドーム8個分の広大な土地に自然のまま(好きな時に食べて、好きな時に寝る、ストレスがない状態)放し飼いされていて、のびのび健康的に育った牛は、赤身肉が主体で、旨味をギューッと詰め込んでいます

そんな北里八雲牛、筋肉質で脂肪が少ないので、火が通り過ぎると固くなってしまいます。ローストビーフにするにはとっても向いてる食材なんです。

時間をかけてじっくりと作るローストビーフは、しっかり歯ごたえがあり、高たんぱく質で低カロリー。オメガ3脂肪酸や亜鉛を含み、食べても太りにくい、嬉しいメニューですね。

トビウオのすり身が入った伊達巻玉子

引用:番組HP

2019年7月27日に放送されたのは、島根県出雲市の「トビウオ」、真夜中に出港して、光でおびき寄せられたトビウオを「タモ」ですくうという、なんだかとっても楽しそうな漁でした。

大きな胸ヒレを広げて滑空するトビウオは、100mくらいは簡単に飛ぶことができるんだとか。時々尾ヒレで水面をたたきながら、飛び続けるトビウオも見られるそうです。

飛魚だしは「あごだし」と呼ばれ、あっさりしてるのに旨味とコクが深くて、どんな料理もプロが作ったかのような本格的な味に変えてくれる、魔法のだし。

おせちの1品として紹介されたのは、トビウオの身とタラのすり身を鉄板で焼いて、焼きあがった上にさらにすり身をのせて巻いてから蒸す「巻玉子

番組公式ロケブログでは、ゲストの津田さんが、休憩中にこの巻玉子を自分で切って、おかわりしていたと暴露されています(笑)。とってもおいしいんだろうなぁ~。

3年とらふぐのたたきかんずりゼリーがけ

引用:番組HP

2019年1月5日に紹介された、淡路島の3年とらふぐ。水温が低く、潮流の早い鳴門海峡近くで3年養殖されたとらふぐは、身がしまって味が濃厚なんです。

一般流通しているフグは2年もの(800g以下)。3年とらふぐは1年長く育てることで、大きさが2年フグより2倍(1.2Kg~1.8Kg)になり、天然のとらふぐと変わらないおいしさになるんだとか。

そんな3年とらふぐのたたきかんずりゼリーがけ、がおせちに選ばれました。表面をサッとあぶったとらふぐを氷水で冷やして、そぎ切りしたとらふぐにかんずりゼリーをかけたもの。


かんずりは塩漬けの唐辛子を雪の上にさらしてアクを抜いて味をまろやかにして、黄柚子、米糀、塩を合わせて発酵させたもの。完成までに4年はかかる、新潟地方の伝統的な唐辛子の発酵香辛調味料です。

放送では宮川大輔さん大絶賛!でした。これも期待できますね!

陸奥湾ホタテのオイスターソース焼き

引用:番組HP

2019年6月8日に紹介された、青森県陸奥湾ホタテ。養殖、と言っても自然に生まれた稚貝を使って、植物性プランクトンを食べて成長していきます。

陸奥湾には八甲田山や白神山地のブナ林から栄養豊富な水が流れ込み、肉厚のホタテにまろやかな甘みのあるホタテが育つんです。

身がぎっしり詰まったホタテの貝柱を油で焼いて、裏返して蒸し煮にします。火が通ったら、バターとオイスターソースで味付けをするんですが、この気仙沼のオイスターソースも絶品!


産卵前のカキだけで作られた完熟のプレミアムソースは、濃厚で甘みがあって旨味がたっぷり。お土産でいただいたんですが、どんな料理にも合うので、あっという間になくなってしまいました。

ぎっしり詰まったホタテに、絶品オイスターソース・・・こちらも「うまい!」と思わず声が出ること間違いなしの1品ですね。

そのほかには

まだすべての中身が発表されていませんが、このほかには、

壱の重→和歌山県産鮎の甘露煮、宮古島車海老甘煮(沖縄県)、なます黄金いくら(宮崎県)

弐の重→あつぎ豚の黒酢の酢豚バルサミコ酢入り(神奈川県/山梨県)、小江戸黒豚の角煮(埼玉県)

参の重→あぶら麩旨煮(宮城県)/大分県産シイタケ旨煮、きんとんのきんこ芋添え(三重県)、味噌くるみ(長野県) 

スポンサーリンク

青空レストランのおせち2019はどうだった?

「青空レストランおせち2019」の販売は2018年10月20日の放送で詳細が発表されました。日テレ公式サイト「満点☆青空レストラン」の中に、専用バナーがあり、そこから予約できるようになっていましたが、放送終了後はアクセスが集中して、ページが開かない状態になっていました。

青空レストランおせち2019は、放送10周年記念で企画されました。3つの重に4人前の料理が入っていて、金額は51,759円+消費税で、総額55,900円!

おせちで5万円超えって即断できない・・・という方も多いと思うのですが、数分で完売しちゃたとのこと。やっぱり、放送で「うまい!」と言われる料理を食べてみたい!と切望されている方が多いってことなんですね。

青空レストラン2019おせちの評判は上々で、「おいしい!」と高評価です。おせち2020も期待できますね!

スポンサーリンク

さいごに

青空レストランうまいおせち2020をご紹介しました。

確実の先行予約するには、8月10日午後6時半に、家族総出でスマホやパソコンでスタンバイして、放送をチェックした方がいいかもしれません。

あっという間に売り切れ必至のうまいおせち、1年の始まりを「口福」でスタートできますように祈っています。