もち麦の血糖値効果は食物繊維豊富で糖化を防ぐ!体重も減りました♪

健康食品

昨年の秋頃、ちょっと体重が気になり始めたので、「運動をしなくても健康的にダイエットできるものってないかな~?」と友達に聞いたら、もち麦をすすめられた、はるこまです。

もち麦は「痩せやすい体質に変われる」とか、「腸内環境を整えてくれるから便秘が解消される」とか、最近ではもち麦用炊飯器が発売されるほど大人気。

もち麦には糖質の吸収を抑える働きがあり、もち麦の持つ健康効果に注目が集まっています。

この記事では、血糖値を上げない食事の重要性と、もち麦の効果についてご紹介します。

この記事を読めば、あなたもきっともち麦を食べたくなりますよ!

スポンサーリンク

糖化ってどうなること?

糖化とは、体内にあるたんぱく質が、糖と結びついて、老化促進物質を作ってしまうことです。

肌の中にあるたんぱく質(コラーゲンやエラスチンなど)が糖化すると、どんどん硬くなり、たるみやしわが表れます。表皮が糖化すれば肌がくすんでくるし、角質が糖化すれば水分保持力が低下し肌が乾燥します。

人間の体の約7割が水分、2割がたんぱく質で、筋肉、内臓、血液、皮膚、骨などあらゆる部分に存在します。それらたんぱく質に糖が結びつくと、細胞が劣化し、正常な働きができなくなるのです。

糖化は骨粗しょう症の原因になったり、動脈硬化や白内障、糖尿病を引き起こし、アルツハイマー病との関連もあるとも報告されています。

糖化は肌だけではなく、体そのものを老化させるんです。

糖化が毎日の食生活で促進されてるとしたら怖いことだと思いませんか? そして、この糖化生成物は、分解されることなく、どんどん身体に蓄積されていくのです。

糖化を防ぐには血糖値を上げない食事を心がけること。糖質自体はエネルギー源として必要な栄養素です。摂りすぎることが問題なのです。

スポンサーリンク

血糖値が上がると太りやすくなる

ご飯やパン、うどん、スイーツなど糖質を多く含む食べ物を食べれば、血糖値が上がります。

血糖値が上がるとインスリンが分泌されて、糖をエネルギーに変えたり、たんぱく質の合成や細胞の増殖を促します。そして余った糖は脂肪細胞に変えられます。

消費されなかったエネルギーも、脂肪に変わって体内に備蓄されます。これが「太る」メカニズムです。血糖値を上げない「抗糖化」食習慣のポイントを2つご紹介します。

まずは食べ方を変えましょう。

野菜を一番最初に食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます。①野菜 ②肉・魚などのたんぱく質 ③ご飯などの炭水化物、の順番でいただきましょう。

飲み物にも気をつけましょう。

清涼飲料水や果汁のジュース、乳飲料には果糖が含まれています。中性脂肪の上昇にもつながるので、摂りすぎには注意です。

緑茶は糖化を抑える効果があるので、食事の時は緑茶を飲むといいようです。お酒は、糖の吸収を促進する働きがあるので、控えめに。

炭水化物中心の食事を見直し、甘いものも時には我慢です。健康のため、生活習慣病の予防のためにも、血糖値を気にした食事を心がけましょう。

スポンサーリンク

もち麦がおすすめの理由

精製された白いお米は、炭水化物から食物繊維を取り除いて、糖質だけにしたものなんです。なのでご飯を食べたら血糖値が上がりやすくなります。

食物繊維には糖が脂肪に変わるのを防ぐ働きがあり、もち麦にはごぼうの約4倍の食物繊維が含まれています。

もち麦を白米に混ぜて食べると、水溶性の食物繊維がゼリーのように糖を包み込んで腸へ届けるため、糖の吸収が穏やかになるんです。

さっそく購入して食べてみました。粘りが強く、もちもちとした食感が特徴です。

お米に混ぜて炊くだけなので簡単ですし、もっちりとした弾力には甘みもあって、食感がいいんです。モチモチしてるので、よく噛んで食べるようになりました。

しかも腹持ちがすごくいいんです。 間食もしなくなりました。お湯でゆでてサラダに入れたり、スープに入れていただくのもおすすめです。

血糖値の上昇を抑えるもち麦は、中年世代の健康と美容を守ってくれる心強い味方です。

スポンサーリンク

ダイエット効果に期待!

「もち麦」「押し麦」は「大麦」の種類です。

「押し麦」は大麦を平たく押しつぶしたもので、水分を吸収し、消化しやすく加工されたものです。食物繊維やミネラル・ビタミンを含んでいます。

「もち麦」は食物繊維とβーグルカン、ミネラル、ビタミン、ポリフェノールなど、エイジングケアには欠かせない栄養素をいっぱい含んでいます。

もち麦に含まれるβーグルカンは「水溶性食物繊維」、胃の中で水分を吸収して膨らみます。満腹感を感じられるので、食べすぎを抑制してくれるんですね。

さらに「不溶性食物繊維」は消化されずに腸まで届き、腸内環境を整え、便秘を解消してくれます。糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きもあり、ダイエット効果に期待ができるんですね。


まさに現代のスーパーフードです。↑私のお気に入り、はくばくのもち麦ごはんです。

スポンサーリンク

さいごに

この記事では、血糖値を上げない食事の重要性と、もち麦に効果についてお伝えしました。

1日2回もち麦ご飯を食べるようになって半年、5年前に履けなくなって諦めていたジーンズが履けるようになりました~。体重は徐々に減ってきて、もち麦ご飯を食べる前より2Kg減りました。

「ちょっとやせた?」って久しぶりに会った友人に言われたので、嬉しかったです! 背中がすっきりしたんじゃない?って言われました。

ダイエットだけではなく、健康増進に「もち麦」ぜひ取り入れてみてくださいね。