タイガーもち麦炊飯器のレビュー【炊きたて】炊飯ジャーは超おすすめ!

キッチン家電

最近「もち麦ごはん」を毎日食べている、はるこまです。

タイガーの「もち麦専用コース」搭載の圧力IH炊飯ジャー【炊きたて】JPC-A101(5.5号炊き)を購入しました~!

グッドデザイン賞受賞の、360°どこから見ても美しい炊飯ジャーです。カラーもとってもきれいで、キッチンに置くと、パッと華やかになりました。

使ってみたレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

買うきっかけは?

ちょうど10年前に購入した炊飯器の、内釜コーティングがはがれかけていて、そろそろ替え時かな?と思っていました。(大手メーカーの修理用部品の保有期間は6年なので、平均寿命は超えています。)

ご飯を炊くことはできるし、壊れたわけではないんですが、半年ほど前から「もち麦ごはん」を食べるようになって、今までの炊飯器では水加減がちょっと面倒だったんです。

2018年6月に販売された、タイガーの炊飯器が「もち麦専用コース」搭載と知り、値段もべらぼうに高くなかったので(土鍋炊飯器は欲しいけど、手が届く金額ではないので・・・)購入しちゃいました。

※JPC-A181:JPC-A101と同じ機能の、1升炊き。 
 JPC-A102:JPC-A101と同じ機能で、「麦かゆ」メニューが追加されています。
スポンサーリンク

タイガー炊飯器が到着

楽天で金曜日の夜に購入したら、日曜日のお昼前に商品が到着しました。

さっそく箱を開けてみました。本体と、付属品(自立するしゃもじ・計量カップ・麦めしカップ3割用/1割用)、取扱説明書が入っています。

思ったよりマットで落ち着いた赤です。3色のカラー(ホワイトグレー・カーマインレッド・ブルーブラック)の中で、思い切って選んだ色でしたが、キッチンの中でしっくり馴染んでいます。

夜にさっそくもち麦ご飯を炊いてみました。

スポンサーリンク

もち麦専用コース

もち麦専用コースは、食物繊維が豊富なもち麦に適した、吸水やニオイ抑制の炊飯プログラム。内釜に麦飯専用水メモリが付いています。

これって、「もち麦ご飯」を炊く人にはとっても便利! もち麦ご飯を炊くときは、白米の水量に合わせた後、もち麦を入れて、水を計って追加しているので、2度手間なんですよね~。

白米に麦めし専用カップ(1割用で約15g、3割用で約45g)でもち麦を追加します。麦めし用のメモリに合わせて水加減をします。吸水時間は15分(夏)から30分(冬)、その後炊飯します。

電源を入れると、大き目の液晶画面に光る文字でメニューが表示されます。メニューキーで「もち麦」を選んで、炊飯ボタンを押すだけでOK。

※予約吸水炊飯タイマーで、炊飯前にお米に自然吸水させる(つけおき)時間をセットすることも可能です。

スポンサーリンク

もち麦ご飯が炊けました

おいしそうなもち麦ご飯が炊けました~。一口食べて・・・「!」なんかね、お米の1粒1粒が主張してるというか、しっかりしてるって感じなんです。

今までの炊飯器では、口に入れたご飯が一体化してるというか、1つの塊だったのが、口の中でご飯の1粒1粒を感じられる、しっかりした歯ごたえを感じました。

しっかりしてるのに、もっちりしてるんです。もち米のモチモチぷりぷり感もしっかり感じることができました。さすが、感動的なおいしさです。

炊き上げた時に1.25気圧の圧力をかけて、もっちりした弾力を引き出し、その後1.05気圧まで減圧して、べたつきを抑えしっかりしたご飯粒に仕上げる「可変W圧力炊き
内釜を包むIHヒーターは加熱面積が広い「釜包みIH」で加熱量をアップ。高加熱「剛火(つよび)IH」で釜の底と側面から強火で釜全体を包み込んで、ふっくらご飯を炊き上げます。
スポンサーリンク

お手入れ方法は?

お手入れパーツは内釜と、ワンタッチで取り外して丸洗いできる内フタ(写真左)、着脱式のスチームキャップ(写真右)の3つ。中までしっかり洗えるのが嬉しいですね。

内フタは汚れが付きにくく、軽くスポンジで水洗いだけでキレイになります。裏側の調圧ボールが付いている方は、ご飯粒が付いてたら取り除き、洗い流します。

スチームキャップは目詰まりするとうまくご飯が炊けなくなったり、フタが開かなくなる原因になるので、注意してくださいね。汚れが目立たなければ、水滴を拭き取るだけにしています。

内釜には取っ手が付いているので、取り出しも楽々。 おかまの周りは汚れが落ちやすいシボ加工、天面も凹凸がないのでサッと拭くだけです。

※2週間ほど使った感想です。スチームキャップは、取り外すと水分がかなりついています。洗わなくても、中を開けて乾燥させることをおすすめします。そのままにしておくと、ご飯がベチャベチャした感じになります。

スポンサーリンク

白米もおいしく炊けました

もち麦ご飯だけではなく、白米も味ご飯もおいしく炊くことができました。

白米メニューは3つ

  • エコ炊き:電気代を抑えながら炊く標準コース
  • 白米:蒸気が出ても火力を落とさず、高火力で連続沸騰、ご飯のおいしさを引き出す
  • 極うま:白米メニューの2倍の時間をかけて、しっかりふっくら炊き上げる

炊き分けメニュー4つ

  • GABA増量:玄米に含まれる酵素の働きを促すために4~5時間かけて炊く玄米ご飯
  • 早炊き:忙しい時、少量ご飯の時に高火力昇温とむらし時間を短縮
  • 雑穀米:雑穀ご飯やおこわ、炊き込みご飯をおいしく炊飯
  • 調理メニュー:火加減の難しい本格料理(ポトフや肉じゃがなど)も、簡単便利に作れちゃいます。

ボタン1つで、あとは炊飯プログラムで炊き分けてくれるので、炊きあがりを待つだけです。

寝坊してしまって、洗米した後すぐに「早炊き」で炊飯したんですが、「圧力炊飯」の力なのか、食べても違いが分かりませんでした。(22~37分で炊きあがります。)

前の炊飯器で吸水時間なしで早炊きをすると、ご飯がかためになってしまっていたので、本当に助かりました。

内釜で洗米できるのも便利でいいですよね。

スポンサーリンク

JPC-A101とJPC-B101の違いは?

同じ「もち麦専用コース」を持つJPC-B101との違いは何なんでしょうか? B101の方が、お値段が3,000円くらい安いので、どこかに差があるはず・・・と確認してみました。

 JPC-A101 JPC-B101
内釜9層還赤特厚釜 5層還赤特厚釜
コーティング 熱流&熱封土鍋コーティング熱封土鍋コーティング
カラーホワイトグレー・カーマインレッド・
ブルーブラック
ホワイト・ブラック

サイズや重量などは全く同じなんですが、内釜の層とコーティングが違います。

A101は釜上部に熱伝導のいい熱流コーティングで対流性を高め、釜下部に蓄熱性の高い熱風土鍋コーティングで沸騰力を高め、上下の温度差によって、お米をかき混ぜて芯からふっくら炊きあげるんです。

どっちがおいしいご飯が炊けるのか・・・A101の方がおすすめのようですね。

スポンサーリンク

さいごに

タイガーもち麦炊飯器【炊きたて】は、総合的に見て、買ってよかったです。

取っ手が付いていないので、動かすときは本体左右の底にある持ち手を持って移動させるのが面倒かなとも思いましたが、そんなにしょっちゅう動かすこともないので、許容範囲内です。

不足しがちな食物繊維を、毎日の主食(もち麦ご飯)で摂れちゃうって、とってもいいですよね。健康・美容のためにも、もち麦炊飯器ともち麦ご飯を始めてみませんか?

私が購入したのは、楽天のこちら↓です。


※もち麦ご飯が健康・美容におすすめなのは、こちらの記事↓で紹介しています。よかったら参考になさってくださいね。