簡単肌質チェックで美肌診断!お肌は気象環境や生活習慣に影響されます

美容・コスメ

家中の電気をLEDライトに変えたくなっている、はるこまです。

先日雑誌にこんな記事が載っていました。地球外から戻ってきた宇宙飛行士の肌はとってもキレイなんだそうです。

紫外線も風の影響を受けない宇宙空間で、ずっとLEDのライトを浴びていると、肌がきれいになるそうで、LEDライトを特殊レンズを通して肌にあて、レーザー治療を研究してる会社もあるそうです。LEDライトは表情筋まで届き、保湿力UP、リフトUP効果があるとか。

この記事では、自宅で簡単にできる肌質チェックの方法と、県別美肌ランキングについてお伝えします。

自分のお肌の状態を把握して、スキンケアを変えていく、それが美肌への一歩です。 加齢にめげず、今できることで未来のお肌を守りましょう。

スポンサーリンク

簡単肌質チェック

自分の肌質をざっくり簡単に見分ける方法をご存知ですか?
自分の肌状態を知るには、夜の洗顔後に何もつけないで5分ほど待ってみてください。

5分後の肌の状態で、肌タイプを推測することができます。肌タイプは4つに分かれます。

理想的な肌

肌にツッパリ感がなく、Tゾーンの脂っぽさがななら、健康な状態です。
しっとりした感触でキメが整っています

乾燥肌

肌にツッパリ感があり、目の周り、口周り、頬がかさつくようなら乾燥肌です。
毛穴は目立たないですが、小じわが現れやすいです。水分量が足らない敏感肌なので、大人ニキビやかぶれなどの肌トラブルを起こしやすい肌です。

混合肌

部分的にかさつくけど、Tゾーンは脂っぽいなら混合肌です。
肌の水分と皮脂のバランスが部分的に違っている状態です。

油性肌

肌にツッパリ感がなく、全体的にテカッているなら油性肌です。
皮脂量、水分量が多く、脂っぽいので毛穴が目立ち、ニキビができやすい状態です。

季節の変わり目や、体調の変化、生理周期、朝昼夜でも肌質は変わってきます。自分の肌質を把握することは、とっても大切なことなんです。

スポンサーリンク

健康的なお肌とは?

健康的なお肌、というのは、「毛穴の目立たない、キメの整った肌」つまり「肌が水分を保っていて、なめらかな肌」ということです。

毛穴が目立つ原因はいろいろあり、症状も違います。過剰に分泌された皮脂が毛穴を押し広げたり、皮脂が酸化して黒ずんで見えたり、加齢や紫外線によって肌のハリが失われ、毛穴が開いて伸びて見えたり。

効果が絶大なクレンジング、例えば、「拭くだけで簡単にメイクが落ちる」とか「濃いメイクも簡単に洗い流せる」というものは、肌に負担がかかり、肌を乾燥させます。

肌は鍛えても強くなるものではありません。こすりすぎは角質をはがして肌トラブルに、お湯で洗えば肌は乾燥します。

毛穴の汚れを取るパックは、必要な角質まで剥ぎ取って、バリア機能を低下させます。化粧水をバシャバシャつけても肌の奥まで浸透しないので、蒸発して肌バリアが弱くなるだけ。

保湿効果の高い美容成分たっぷりの化粧水や美容液も、肌の常在菌のバランスを崩し、肌トラブルを起こすことも。

・・・本当に、スキンケアは難しいですね。
正しい洗顔、適度な保湿、紫外線防止、そして規則正しい生活。これが美肌への道なんですね。

自分の肌状態を知る、肌に合ったケアをする、内側からのケアで体調を整える、頑張りすぎないのがいいのかもしれません。

スポンサーリンク

美肌を決める6大要因

毎年ポーラから県別美肌ランキングが発表されます。肌表面の情報を0.01ミリレベルで分析し、日本各地の16歳以上の女性のデータから肌の状態をランキング化したものです。

気象環境・生活習慣・食習慣の違いは、肌にも影響しているようです。

  • 水蒸気密度・・・大気中の水蒸気の量により、肌の潤いに影響します。
  • 日照時間・・・紫外線量に関係します。
  • 生活習慣・・・肌全体の状態に関係します。
  • 肌荒風・・・山を越えて吹く乾燥型の風と、平野を通り抜ける突風型の2種類の風があります。肌の潤いに影響します。
  • 毛穴熱風・・・山から吹く熱風、海から吹く熱風で、毛穴の広がりに影響します。
  • 肌荒大気・・・PM2.5、黄砂、花粉などの大気汚染物質による肌荒れ。くすみ、シミ、シワに関係します。

上記6つの観点から、肌の潤い、キメ、毛穴、シワ、くすみ、シミ、ニキビなどのできやすさで順位がつけられ、美肌偏差値が決定します。

2018年度の1位は島根県、2位は秋田県、3位は石川県でした。秋田県、石川県は2017年もベスト3入りでした。

島根県は肌の潤い、マイクロダストに強い、ニキビができにくいで全国1位、秋田県はシミができにくいで1位、毛穴が目立たないで4位、石川県はすべての項目が上位、となっています。

日照時間が比較的短く(紫外線の影響が少ない)、降水量が多い地域が美肌を保ちやすい環境のようです。

美肌は紫外線の影響が強いと思っていましたが、肌を乾燥させ、毛穴を広げる風が影響してるとは、ちょっと意外でした。風は水分の蒸発を促すんですね。

スポンサーリンク

さいごに

簡単肌質チェックと、肌のコンディションは加齢や体調、住んでいる環境にも左右されることをお伝えしました。

50代は肌質が大きく変わる時期。更年期の影響で、女性ホルモンの分泌が少なくなり、どんどん肌が薄くなっていきます。

どんなに頑張っても20代の肌にはなれないし、今できているシワは、今まで浴びてきた紫外線の結果だとしたら、今更どうしようもないじゃんって思いませんか?

「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに」フジカラーのCMじゃないけど、それなりに。ありのままの自分を受け入れて。

60歳になったとき、50歳に見えたらいいな。70歳になったとき、60歳に見えたら素敵だよね。

笑いシワがチャーミングなおばちゃんになりましょう。今からの予防は10年後の自分のために。