離婚後に復縁したいと言われたけどうまくいく?再婚が難しい理由とは?

恋愛・結婚

今のところ離婚について全く考えたことがない、はるこまです。

40代になって、友人たちの中で「離婚した」という話がちょくちょく出るようになりました。子供の手が離れて、これから夫婦2人でっていう時に離婚・・・外からでは分からない何かがあったんでしょう。

いろんな原因や理由があって、じっくり考えたうえでの選んだ道なので、彼女たちのこれからを応援したいと思っているんですが・・・。

「元旦那から復縁しないかって言われて悩んでる」というびっくりな話もあって、なんとも言いようがありません。離婚後の復縁ってうまくいくんでしょうか?

この記事では、旦那側の原因で離婚した後、復縁を望む男性に、知ってほしい女性(妻)の心理を書いています。

自分の人生は自分のものです。たらればの世界を思い悩むなら、強い意思で自分の道を決めることができたらいいですね。

スポンサーリンク

離婚後に復縁したいと言われたら?

離婚は結婚よりもパワーがいるってよく言われますよね。家族や親族を巻き込んで、時には社会的信用を失って、面倒な手続きを1つ1つ終わらせて、こぎつけた離婚。

離婚の原因は様々です。どちらかの浮気(不倫)、ギャンブルやお酒の依存、DVやモラハラ、浪費癖、遊び癖、義両親と折り合いが悪い、性格や価値観が合わない、などなど。

長年の積み重なった不満や思いが蓄積して離婚になったので、復縁したいと言われても気持ちが前向きになれるはずはありません。

大切なのは、元旦那の「復縁したい理由」と、「離婚原因は解決したのか」ということ。

元旦那の「家事が大変」とか「寂しいから」という理由では、同じ失敗を繰り返す可能性が高くなります

離婚原因が長年の生活の中で積み重なったものなら、簡単に解決されるものではありません。許せるというラインを超えてしまったからの離婚であって、気持ちが元に戻るのはとても難しいことです。

ただ、女性側にも打算的な考えもあって、経済的に余裕がなくなった、男手がないと一軒家の維持が難しい、他の男性と再婚となると隣近所の視線が気になる、など、復縁しちゃおうかな、という気持ちが出てくるのも事実です。

愛情の部分だけでは推し量れない、長年一緒に暮らしたからこそ許し合える部分があるから、気持ちが揺らいでしまうんでしょうね。

スポンサーリンク

旦那の浮気で離婚したBさんの場合

私の友人Bさんは旦那の浮気で離婚、旦那が家を出ました。初めは離婚まで考えていなかったBさんですが、旦那と1周り以上年下の彼女から「ご主人とは別れません」と言われた時に、離婚を決意したそうです。

離婚後、すでに就職している娘さんと2人での生活が始まりました。

離婚当初は憔悴していたBさんですが、少しずつ明るさを取り戻し、結婚相談所に登録、「老後になって娘に迷惑かけたくないから」と、一緒に過ごせるパートナーを見つけようとしていました。

紹介された方と半年交際し、結婚を意識し始めたころに、元旦那から連絡があったそうです。「やり直したい。浮気相手と別れて、ずっと後悔してる」とのこと。

「娘に相談したら、知らない人と結婚するより、お父さんと復縁してほしいって言われちゃったのよね。」 離婚当時、元旦那のクズっぷりをさんざん言っていたことを忘れてしまったかのようです。

「いつも旦那にやってもらってた塀のペンキ塗りをね、業者に見積もりとったら20万円って言われれたのよ。自分ではできないし、離婚したって近所にオープンにしてないから、交際相手にお願いすることもできないし・・・」

「庭木の剪定もお願いしたらお金がかかるし、そんな余裕ないんだよね・・・。貯金崩して生活するのも不安だし、元旦那には家のローン払ってもらってるから、それ以上請求できないし・・・」

彼女はそう言いながら、交際相手と元旦那を天秤にかけて、交際相手と1から新しい関係を築くより、元のさやに戻ることを決意しました。

交際相手にメールで別れを告げて、結婚相談所を退会し、離婚1年で元旦那と再婚しました。

彼女は本当に、元旦那を許しているんでしょうか?

「何かのきっかけでふと、旦那にされたことを思い出すんだよね。今は私を大切にしてくれてるけど、旦那に介護が必要になったとき、あっさり離婚するかも」

・・・心の中に復讐心は残っているんですね・・・。「旦那が死んだら死後離婚して、同じ墓には入らないって手もあるよね~」 再婚したら、彼女の方が「立場が上」になった感じです。

スポンサーリンク

再婚が難しい理由とは?

それでも、Bさんは離婚して、復縁(再婚)して、うまくいってる、数少ないパターンだと思います。現実的には、同じ人と再婚する確率はほんのわずかしかありません。

浮気で離婚の場合、浮気相手と別れることで「離婚原因がなくなった」ことになるのかもしれませんが、精神的な痛みは心の中に傷として残っています。両親や親せきをも巻き込んだ離婚となれば、再婚するには大きな壁となって立ちはだかってくるでしょう。

モラハラなど、浮気以外の原因では、復縁の可能性は限りなくゼロに近いです。絶対に忘れることができない傷みを抱かえて離婚した場合、やっと離婚できたという開放感の方が大きくて、元に戻るメリットがないからです。

その時の最善策が「離婚」で、煩わしい手続きを済ませた後です。「反省してる」「もう同じことは繰り返さない」という言葉だけで信用が回復するものなら、初めから離婚しませんよね。

元妻に新しいパートナーがいる、経済的に自立している場合も、復縁はかなり難しくなります。 毎日が充実して楽しいのに、「復縁したい」といわれても、うっとおしく思われるだけです。

復縁を望むなら、「昔の自分とは違う」部分を見せて、少しずつ関係を修復していくしかないんです。距離を置いて、自分をしっかり見つめなおしてくださいね。

元妻だから、ということに甘えずに、自分の気持ちを常に言葉にして伝え、元妻との新しい関係を作っていくことができたらいいですね。

スポンサーリンク

さいごに

この記事では、離婚後に復縁したいと言われた女性(元妻)の心理をお伝えしました。

復縁できたとしても、「元に戻る」だけではなく、お互いの努力で新しい形を見つけていかないと、結局また離婚ということになりかねません。

結婚は「妥協と諦めと勘違い」で成り立つという人もいますが、時間がたてば「空気と同じ、だけどないと生きていけない」ものへと変わっていきます。

いろんな失敗があったとしても、それを塗り替えられる復縁ができるように、新しい関係を育てていってくださいね。

離婚復縁の関連記事はこちらにもあります↓