薬用化粧品と化粧品の違いメリットは?ドクターズコスメの選び方は?

化粧品

年齢とともに体質が変わるのか?肌が慣れてしまうのか?定期的に化粧品を変えたくなる、はるこまです。

「化粧品」と「薬用化粧品」の違いってご存知ですか? なんだか「薬用」ってついてるだけで、効果がありそうな感じがしますよね。

「ドクターズコスメ」という名前も最近ちらほら聞くようになり、区別があいまいになっているような気がします。

この記事では、薬用化粧品と化粧品、ドクターズコスメの違い、薬用化粧品のメリットデメリットについて、調べてみました。

「薬用」という言葉に惑わされることなく、自分に必要な化粧品を選んでくださいね。

スポンサーリンク

薬用化粧品と化粧品の違いは?

医療用医薬品と医薬部外品

医療用医薬品は医師の処方箋を必要とする作用の強いもの、それより作用が弱い大衆薬は薬局で購入できます。各症状への治療的な効果を目的としているので、継続的な使用は副作用の心配があります。

医薬品より人体に対する作用が穏やかなものが医薬部外品で、治療効果を発揮するものではありません。蚊取り線香、薬用歯磨き、脱毛剤、育毛剤などが含まれます。

薬用化粧品とは?

薬用化粧品は、医薬部外品の1種で、厚労省が認定した有効成分を一定の濃度で配合しなくてはなりません。ニキビを防ぐ、美白する、などの目的に対する有効成分が入っています。

人によっては効果・効能が「期待」できる、または肌トラブルを防ぐ、程度のものです。

認定された有効成分が多く配合されていても、薬用化粧品とはならず、一般の「化粧品」となってしまいます。

薬用化粧品は全成分の表示義務はありませんが、具体的な効果・効能を表示することが認められているので、自分の肌トラブルに対して、効果的な化粧品を選びやすくなります。

化粧品とは?

化粧品には、容器または外箱に全成分表示を義務付けられていますが、有効成分の保証はありません。

化粧品は各企業の研究によって、最適な成分の濃度や組み合わせで作られたり、最新の研究開発で発明された成分を配合したり、いち早く商品化でき、効果が期待できるものもあります。

「薬用」という言葉のイメージで、効果がある、と信じ込んでいましたが、そうとは言い切れないんですね。各症状への予防的効果はあっても、根本的な治療にはつながらないからです。

化粧品は「肌を正常に保つ」、薬用化粧品は「肌トラブル(ニキビ、日焼けによるシミ・ソバカスなど)を防ぐ」 どちらも「治療する薬」ではありません

薬用化粧品、一般の化粧品にこだわる必要はなく、自分の肌が必要としている成分を含んだ化粧品を選ぶことが大切なんですね。

薬用化粧品薬用せっけん、ニキビ予防クリーム、美白化粧水など
・配合禁止成分は特になし(上限値が決められた成分はあり)
・アレルギーを起こす可能性がある成分のみ表示義務
化粧品洗顔、クレンジング、化粧水、乳液、クリーム、ファンデーションなど
・配合禁止成分、配合制限成分、配合許可成分がある
・使用したすべての成分を表示義務

薬用化粧品の見分け方

薬用化粧品の場合は、容器や外箱に「医薬部外品」と表示されています。薬用化粧品は医薬部外品の1つなので、薬用化粧品=医薬部外品、です。

薬用化粧品はドラッグストアでの取り扱いのみ、ですが、日本以外の国では「薬用化粧品」というものは存在しません。医薬品と化粧品は全く別物という認識のようです。

日本では、現在の薬用化粧品の売り上げは、一般的な化粧品よりもはるかに多く、大手製薬メーカーが化粧品の開発に取り組んでいます。

安全性や効果が問われる薬用化粧品は、医学的、薬学的な知識を含めた研究と開発で、急成長しています。ドラッグストアにずらっと並ぶコスメ製品は、値段も手ごろなものが多く、お試しで購入できるのも人気の1つかもしれませんね。

スポンサーリンク

薬用化粧品のメリットとデメリット

薬用化粧品のメリットは、具体的な効果効能を表示することができるので、自分の悩みに対して効果がありそうな化粧品を選びやすくなります

医薬部外品は、有効成分が規定量配合されていて、各症状への予防的効果があるものです。

けれどもデメリットは、その効果は長時間使用することで副作用を及ぼす可能性がある、ということなんです。

例えば、「肌の奥まで有効成分が浸透し、アクネ菌の繁殖を防いでクリアな肌に!」というニキビ予防の化粧品には殺菌剤または抗菌剤が配合されていて、使っているとニキビが治まったりします。

けれども使い続けることで、アクネ菌だけではなく、必要な皮膚常在菌もいなくなり、肌バリアが利かなくなって、肌がどんどん弱くなってしまいます。

効果があるものは、使い続けると逆に問題を引き起こす可能性がある、ということを覚えておいてくださいね。薬用化粧品は一時的な解決策の1つとして、長期間使用しないことがポイントです。

スポンサーリンク

ドクターズコスメの選び方

最近、ドクターズコスメやメディカルコスメ、サイエンスコスメという言葉をちょくちょく耳にします。一般的に医療機関や肌の専門家が開発・監修に携わっている化粧品で、ほとんどが「薬用化粧品」ではなく「一般化粧品」に分類されます。

医学的な根拠に基づいた化粧品なら、効果が期待できると思いがちですが、ドクターズコスメの定義がはっきりしていない以上、本当に信用できるのかがポイントです。

公式HPをチェックして、実際に開発研究しているクリニックがあるのか、開発者の先生の顔が見えるか確認してから選んでくださいね。効果効能をアピールされるより、先生の開発実態を紹介されている方が信用できますよね。

ドクターズコスメは悩みに特化した、肌に優しく、効果が高い有効成分が配合されていますが、一般の化粧品と同じ制限の中で開発されているものです。自分の肌に合う合わないは別問題です。

自分の肌に直接塗るものなので、薬用とか、ドクターズコスメとかの言葉を盲目的に信じないで、きちんと調べて選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

さいごに

薬用化粧品と化粧品、ドクターズコスメの違い、薬用化粧品のメリット・デメリットについてお伝えしました。

医薬部外品の薬用化粧品、以前には美白効果が強すぎて、白斑症を引き起こすというニュースがありました。配合される成分が、厚生省などで承認されているとはいえ、思いがけない副作用が出ることもあると認識させられました。

肌トラブルが起こると、それを何とかしたいと思うもの。化粧品を過信せず、身体の内側の原因も含めて解決していくようにしましょうね。