更年期と紫外線の影響は?肌の抵抗力と身体に必要な紫外線について

美容・コスメ

春は待ち遠しい季節ですが、本格的な紫外線対策が必要になってくる季節でもありますね。

時々、全身黒ずくめで、顔面も見えない過剰防衛な方を見かけます。
「黒の組織のメンバーなのか?」コナンくんなら言うでしょう(笑)。

紫外線の防御力(抵抗力)は人によって違います。肌の色によって、メラニン色素の量が違うのです。

スポンサーリンク

人種によって肌の色が違うのは

赤道近くに住む黒人は、強烈な日光から肌を守るために、メラニン色素が濃いのです。肌の色が黒い方が、紫外線を遮断し、肌が炎症をおこすのを防いでいるのです。

人は日光に当たることで、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを合成します。日光照射量が少ない寒帯に住む白人は、日光が必要だから、日光を遮るメラニン色素が少ないのです。

日本人を含む黄色人種は、日焼けするとメラニン色素を生成して、防御します。肌細胞が紫外線によるダメージを受けないようにするためです。

人種で肌の色が違うように、同じ日本人でも肌の色が微妙に違うし、日焼けによる紫外線防御力も個人差があります。

スポンサーリンク

紫外線の抵抗力タイプ

赤くなって、その後は黒くならない。

メラニン色素の生成が弱いタイプ。普段から色白の人。赤くなってヒリヒリした痛みやほてりの炎症があり、ひどいと水ぶくれができます。それが治ってくると、肌が乾燥して皮がはがれてきます。

シミ、そばかすなど紫外線のダメージを受けやすいので、日焼け対策は万全に。

赤くなって、その後黒く(褐色)なる。

メラニン色素が、肌を守っているタイプ。日本人に多いタイプです。最初は肌が赤くなっていますが、ひどい痛みはなく、2、3日で肌が褐色になります。紫外線を浴びすぎると、やけど状態になるので注意が必要です。

あまり赤くならず、すぐ黒く(褐色)なる。

メラニン色素が肌をしっかりと守っているタイプ。普段から健康的な色黒の人です。日焼けでヒリヒリすることはほとんどありません。

黒くなるタイプは、メラニンの生産能力が高く、メラニンが肌を守ってくれていますが、シミができやすい肌質です。

黒くならないタイプは、紫外線の影響を受けやすく、しわやたるみができやすい肌質です。健康面では皮膚がんや白内障、免疫低下などの原因になることもあります。

どのタイプも長所短所あるんですね。肌の色、髪の色、目の色、すべてに理由があるなんて、考えたことなかったです。自分の紫外線防御力を知り、肌質に合った対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

閉経と紫外線の関係は?

アラブの女性たちが着用している、イスラム教徒の衣装ってわかりますか? 肌を露出させずに、全身を覆っている、黒い服です。

目の部分が網状になっていて、すべてを覆い隠しているのが「ブルカ」、目だけ見えているのが「ニカブ」、顔は見えるけど、耳・首・髪をスカーフで隠しているのが「ヘジャブ」です。

フランスで2011年「ブルカ禁止法」が制定されました。世界中でテロが増えたため、公共の場所で顔を覆うのを禁止としたのです。

確かにあの服装の下に爆弾を巻いていても外から判別できないし、本人確認なんてできませんよね。ブルカ着用については、いろんな国でいろんな議論が交わされていますが、それはちょっと横に置いといて。

ブルカを着用している女性たちの問題は、閉経後、骨粗しょう症になる確率が高いということなんです。

閉経って?

1年以上月経がない状態になって「閉経」となります。

「本当にもうこれで終わりなの?」と別れを切り出された女性の気分になったり。ある日「やぁ、久しぶり」とやってきたり。

そんなこんなを繰り返して、気が付くと、「あら、もう1年もたっちゃったわ」という状態になった時です。

閉経すると、体の中でどんなことが起きているんでしょうか?

閉経後は女性ホルモンの分泌がなくなります。卵巣からエストロゲンが分泌されなくなると、のぼせ、めまい、頭痛、肩こりなどの心身の不調が出始めます。

カルシウムが減ってしまうため、身長が縮む、姿勢が悪くなる、腰が痛くなる、などの症状のほかに、骨粗しょう症の心配も出てきます。

内臓脂肪がつきやすくなり、動脈硬化のリスクも高くなります。

そういった症状は日本人でもイスラム教徒でも同じですが、イスラム教徒の女性は、骨粗しょう症のリスクが高い。どうしてなんでしょうか?

紫外線のメリット?

ブルカを着用していると、紫外線をほとんど浴びないからなんです。

紫外線は老化の3大原因の1つだし、浴びない方がいいんじゃないの?って思われがちですが、人間は太陽の光を浴びることで、皮膚でビタミンDが作られるのです

ビタミンDは骨の代謝にかかわっていて、健康な歯や骨を作るカルシウムの吸収を助け、免疫力を高める作用があります。

紫外線を浴びると、血中の一酸化窒素が増え、血管が拡張され、血圧が下がります。交感神経が刺激され、気分が安定します。

太陽の恵みは、作物だけではないんですね。UVによる光老化対策を優先するなら、日焼け止めを塗り、ビタミンDはサプリメントか食品から摂取することが必要です。

健康的な身体を維持していきたいなら、1日少しの時間、日光浴をしましょう。
(ビタミンD生成に必要な日照時間は、季節や地域で変わります。浴びすぎは皮膚がんの原因になります。)

スポンサーリンク

閉経後のお肌はどう変わる?

エストロゲンがなくなると、コラーゲンも減少していきます。水分を保つ力が弱くなりバリア機能が低下するので、肌が乾燥しやすくなり、肌トラブルを引き起こします。

そういう体調や肌の変化だけではありません。紫外線で肌老化しないために、日焼け止めを塗るときに、肌をこすり、落とすときにも、肌をこすり、肌を傷つけ、保水力を奪っています。

体調の変化が原因なのか、紫外線が原因なのか、自分の間違ったケアが原因なのか、なぜトラブル肌になっているのか、わけわかんなくなっちゃいますよね。

スポンサーリンク

さいごに

紫外線は悪者、ではなくて、生きていく上で必要なものです。メリット、デメリットを自分で選択して、いつまでも健康でいたいですね。

加齢に逆らうアンチエイジングも大切ですが、健康的に年を重ねる「ヘルシーエイジング」の考えも取り入れて、自分の体力と知識で前向きに年を重ねていきたいですね。